Corporate/Vision | 株式会社Candle

VISION

経営理念

「挑戦を以て、さらなる挑戦の糧とせよ。」

我々は、時代の変化を味方につけ、テクノロジーを駆使して新たな価値を創造します。そのための挑戦を、世界への価値貢献という我々のあくなき目標への一歩とし、また次のさらなる大きな一歩への糧とすることで、Candleは最速で躍進する主体者集団であり続けます。

CREDO

行動指針

COMPANY

会社

仕事を人生の中の大切な時間として、一人一人が主役になって楽しもう。

人生の大切な時間を仕事として過ごすと決めたなら、その時間を精一杯謳歌しよう。仲間がいるからこそ、一人では叶えられない大きな夢を叶えられる。みんなが主役となって、夢を叶える過程を楽しもう。

自由を愛し、最大幸福のための責任ある自由を体現しよう。

自由であることは、居心地よく、幸福に働くためにとても重要なこと。その自由を組織として最大化するために、周りの人の自由を尊重し、自身が責任をもった自由を体現しよう。

誇りに満ちた会社を共に築き上げよう。

誇りを持つには、自信と愛が必要。胸を張って自信を持てるような愛される会社を共に作り、また自らも会社を愛し続けよう。

WORK

仕事

目的を持って努力する主体者であろう。

主体的でない努力は努力とは言わない。明確な目的の無い努力は成果に繋がらない。単なる努力ではなく、圧倒的に自分事化して、成果を最大限に向上させるための努力をする主体者集団であろう。

“個人”ではなく”チーム”の成果を常に意識しよう。

“個人”で出来る事と出せる成果は想像以上に小さい。また、”個人”の成果の足し算がそのまま”チーム”の成果にはならず、それぞれが密接に絡み合っている。だからこそ、リーダーシップとフォロワーシップを以って”チーム”としての成果を最大化することを常に意識しよう。

思考スキーム、思考スピード、思考体力を、絶えず磨き続けよう。​

思考停止することを恥とし、主体的に考え続けよう。そして、その思考能力自体の向上のため、思考スキーム、思考スピード、思考体力の3要素を意識し、一生涯磨き続けよう。

俯瞰的かつ多面的な思考で、物事の本質を捉えよう。

物事をただ経験するだけでは本質は捉えられない。その物事や経験を多面的な切り口から高次化し、体系化することで、本質を捉え続けよう。

COLLEAGUE

仲間

夢を語り現実を見つめよう。

大きな夢を叶えるためには、長期的な確固たる意志と短期的な綿密な計画が欠かせない。現実をしっかりと見定め、夢を夢のままで終わらせず、実現へと向かっていこう。

信頼を以って信頼される人間であろう。

チームの成果を最大化するためには、お互いの信頼関係が重要。まず自分から相手を信頼するとともに、自分も信頼されるに足る人間であろう。

“人格”へのリスペクトと”行動”への指摘をたゆまない。​

社内には、多様な役職、能力、性格の人がいる。それらが織りなす”人格”をお互いにリスペクトしよう。また、馴れ合いで終わらせず、”行動”に関してはしっかり指摘をし合い、受けた指摘から行動を変えていこう。

紳士淑女であろう。

品格を備え人として善くあること、誰もがその前提で取るべき行動をしよう。また、男性の男性らしさ、女性の女性らしさを互いに尊重し合うことで、男性、女性ともに最も働きやすい環境を目指そう。